CRREARE CLOTH LOVERS

2022.06.21

防水スプレーの使い方。革製品を雨から守る。


最近、東海地方も梅雨入りしました。

じめっとした日こそ
お気に入りのバッグと靴で
おでかけしたいですよね。

でも、革は水に濡れると、
染みや色落ち、水ぶくれの原因に
なることがあります。

雨などの水分から革製品を
しっかりと守るために
防水スプレーは、この時期の
必須アイテムです。

革を長持ちさせるためにも、
防水スプレーの正しい使い方や
おすすめの防水スプレーをご紹介します。



◎防水スプレーを使う
タイミングと頻度


革靴の場合、
直接雨に濡れる危険性が高いので、
よく防水スプレーをしておきましょう。

使用頻度は使い方にもよりますが、
多くても週2~3回ほどに
したいところです。

その他、革製品は
一回の雨につき1回が基本で、
防水効果の持続期間は1週間程度です。

おでかけの30分ほど前に使えば、
家をでるタイミングで乾きます。

雨の予報があるときには
前もって準備するのが、おすすめです。



◎使用前の準備


防水スプレーをするときは
ベランダや玄関先など
十分に換気されている場所を選び、
室内で行う場合は、きちんと窓を開けて
空気が入れ替わる状態を作ってください。

また、床に防水液が落ちることがあるので、
できれば室内は控えましょう。

次に革製品が濡れていないことを
確認してください。

もし濡れている場合は、
きちんと乾かしてから
使用するようにしましょう。

革靴であれば、靴紐はきちんと
外しておきましょう。


〇準備するもの

・防水スプレー
・乾拭き用の布

布は柔らかくきれいなもので、
綿などの天然素材で、
革を傷つけないものを選びましょう。

sotの「ポリッシングクロス」
おすすめです。





◎防水スプレーの使用手順

1. ホコリや汚れをとる


柔らかくきれいな布で乾拭きをし、
革の表面のホコリや汚れを落とします。

汚れの溜まりやすい縫い目部分も
念入りに行うことを意識しましょう。



2. 防水スプレーを吹きかける



均等に液が付着するよう、30cmほど離して
防水スプレーをかけましょう。

濡れたように色が変わりますが、
乾いたら元に戻るので問題ありません。

初めて使用する場合は、目立たない部分で試し、
確認することをおすすめします。


3. 乾かす

忘れがちですが、効果を出すためには
乾燥は非常に重要です。
防水スプレーを革に馴染ませるために、
約30分ほど時間を置きます。

表面が乾いたら、柔らかくきれいな布で
軽く拭いてください。

見えにくいところに1、2滴の水をかけてみて、
水が弾かれることが確認できれば完璧です。



◎おすすめの防水スプレー



ご紹介するのは、コロニルの
「1909シュプリームプロテクトスプレー」です。

このスプレーは、フッ化炭素樹脂と
皮革への浸透性が高いシーダーウッドオイルを
ブレンドした防水スプレーで、
高い撥水効果と保革・栄養効果を
持ち合わせたスプレーです。

スムースレザーのような起毛皮革をはじめ、
メタリック仕上げやプリントレザーなど、
様々な皮革製品に使用できます。



◎まとめ

いかがでしたでしょうか?

防水スプレーは正しい使い方を
知ったうえで使用することで、
あらゆる危険性から
革製品を守ってくれます。

水に濡れたことによる
ダメージを予防するとともに、
汚れ対策にもなりますので、
おでかけ前にひと手間加えてみてください。

今回ご紹介したスプレーは、
革の内部に栄養も与えることができる、
とても優れた防水スプレーとなっていますので、
ぜひチェックしてみてください!


1909シュプリームプロテクトスプレー




sotナディアパーク店

TEL:052-265-2666

営業時間:11:00~20:00

WEB:https://sot-web.com/



sot ナディアパーク店のアクセス方法

SHOP INFORMATION

TEL

sot
052-265-2666